FC2ブログ

ピュンペの屋根裏&楽屋裏

新着記事10件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モンスターハンターフロンティア・攻略ブログランキング参加してます。


PSO2_420x150_応援バナー01
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NZ奮闘記vol10 試練直前の準備運動クリケット

これは俺が学校の語学研修旅行でNZ(ニュージーランド)に行った時の話の第10弾です。
vol1から読まないと内容が分からないと思うので注意してください。

vol1 ミッション開始、コードネームはネイキッド・ピュンペ
vol2 いよいよ舞台は激動のクライストチャーチ
vol3 スーパーハイテンションピュンペ
vol4 作戦変更「いのちだいじに」
vol5 自己紹介での事故紹介
vol6 『はがねのつるぎ』と『はがねのたて』を持って港町へ
vol7 急げピュンペ! さっさと言い訳を考えろ!!
vol8 落ちたら食中毒、カヌーで汚い川をどんぶらこ
vol9 崖っぷちを進む暴れ馬






朝、目が覚めた俺は今日の班別研修を確認する。一昨日はカヌー、昨日は乗馬、そして今日の班別研修はNZで盛んなスポーツ『クリケット』である。

朝食はいつもシリアルかト-スト。こういうところもやはりNZであることを実感させられる。白米が恋しくなるが、そこは我慢しなくてはならない。

普段どおりに学校へ行く。学校に行く時にBusExchangeを毎回通るので美人もよく見かける。ここが中継地点となっているのは嬉しい限りだ。

こういう時こそ、通称スリーサイズスナイパーと呼ばれる俺の真価を発揮できる。なぜ俺がそのような異名を持つのか。それは俺の目に秘密がある。あの万華鏡写輪眼をも超えると言われる究極の瞳術。

その名も・・・































審美眼チェッキングアイだ!!


42140cfafa48c7b08b8639348895b030.jpg




俺の目は女性のスリーサイズを50m離れた場所からでも正確に見抜く事が出来る。たまにエラー表示『――ERROR――』と表示されるが、そいつは女ではなく男だという事。

女であれば確実にスリーサイズを見抜く事が出来る。



それでは、ここら辺にいる人をちょっくら見てみるか・・・。

hdakemaoeax.jpg



ほうほう・・・ B81 W59 H83 だな。


なるほど・・・ B84 W60 H87 か。




・・・


やはりNZには綺麗でスタイルのいい人が数多くいる。

バスの中でもそういう話はよく耳にするのだ。

友人「NZって綺麗な人多くね?」

ピュ「たしかに多い。BusExchangeとかは特に多いよな。」


こうやって日本語を話せるバスの中はNZにいることを忘れさせてくれるのである。


BusExcangeからバスに乗り、学校についたら美人教師の授業を受けて班別研修だ。この流れにも慣れてきた。

美人教師の通常授業が終了したら班別研修のクリケットに移ることになった。

教室を出て、広場みたいなところへ移動する。どうやらここでやるようだ。


クリケットとはNZで盛んなスポーツの1つらしい。日本での知名度は低いが、イギリスで発祥したスポーツであるため、イギリスの文化を強く受け継いでいるNZもその影響を受けて人気があるのだろう。

このあたりの国ではラグビーやサッカーと同じくらい人気があるそうだ。


クリケットに詳しい『ネルソン』という人が簡単にルールを教えてくれるという。英語なので正しく聞き取れていたのかわからないのだが・・・。

まず攻撃と防御の2つのチームに分かれて、先攻と後攻を決める。

そして、2ヶ所にウィケットという棒が3本ずつ立てられている。合計で6本だ。その2ヶ所のウィケットの間は約20m。

各ウィケットの手前に攻めのチームから1人ずつ立つ。つまり2ヶ所あるから合計で2人だ。そして残りの攻撃のメンバーは待機。

次に、守備は投手を配置し、残りはテキトーに散らばる。投手は片方のウィケットの後方から助走をつけてもう片方のウィケットに向けて2ヶ所のウィケットの真ん中らへんからボールを投げる。

図にすると配置はこのような感じになる。


gekphaoenae.gif


投手がボールを投げたら、攻撃の2人のうちボールが飛んでくる方の奴がバットで飛んできたボールを360度好きな方向にぶっ飛ばす。前方(つまり投手、もう片方のウィケットの方向)に打ってもいいし、後方でもいいし真横でもいい。

ボールを打ったら攻撃の2人はウィケット間を往復する。打ったボールが戻ってくる前に2人のランナーはどちらかのウィケットに待機しなければならない。

ウィケット間を往復する際、片道で1ポイント入るらしい。もちろん、最終的にはこのポイントが多いほうが勝利となる。

しかし、片方のウィケットに1人までしか配置できないため、攻撃の2人が同じウィケットにいることはできない。この辺は2人の息が合わないといけないところだ。

攻撃のメンバーがアウトになる条件は、1度でも投手の投げたボールでウィケットが倒れた場合、バッター(クリケットではバッターではなく、正確にはバッツマンというらしい)が打ったボールをノーバウンドで捕球された場合、バッターが往復してる間に守備のメンバーがボールを投げて1度でもウィケットを倒す・もしくはボールを持って直接倒す等がある。

攻撃のメンバーはアウトになったら待機してる奴と代わる。おそらく、攻撃のチームが全員やったら攻守を交代する。これはプレイする時間的な問題もあってそういうルールでやっていたのかもしれないため、正確にはわからない。

詳しく書くと長くなるし、俺も初めてやったからそんなに詳しくはない。

簡単にまとめると、攻撃はボール打ったらウィケットの間を往復すればいい。守備はウィケットを倒せばいいということ。

英語で説明されたから全て合ってるかは分からないが、だいたいこのような感じだ。



しばらくは生徒がやっていたのだが、途中からネルソンが投手として乱入してきた。どうやら手加減するつもりはあまりないようだ。もしかしたら手加減しているのかもしれないが・・・。

ここでボールをぶっ飛ばして「見事だ、生徒諸君。我が屍を超えてゆけ・・・ぐはッ」となるのか。

あるいはウィケットを倒され「これが我が実力だ、出直してくるがよい」となるのか。

djalepoand;aoewja




答えはすぐに出た。後者である。あまりにも強すぎる。ルールを完全に把握してない奴がクリケットというものを熟知している者に勝てるわけがない。

しかもその後は俺とネルソンの2人でランナーをやることになり、俺が吹っ飛ばして往復していたら「もっと走れ」みたいな事を言われて2人で往復していたら、ネルソンが片方のウィケットで走るのを止めて「やっぱり君は向こうのウィケットに戻るんだ」と言われ引き返したが結局俺は間に合わずに撃沈した。

1つのウィケットには1人しか待機できないため、1人が待機したらもう1人は別のウィケットで待機しなければならないのだ。

俺とネルソンはあまり息が合わなかったらしい・・・。

しかし、クリケットというのは初めてやったのだがけっこう楽しかった。


そんなこと甘いことを考えていた俺はこの後に待ち受ける『マウントクック』という試練がどれほど過酷であるか、知る由もなかったのであった・・・。



モンスターハンターフロンティア・攻略ブログランキング参加してます。

スポンサーサイト

PSO2_420x150_応援バナー01
  1. 2011/10/01(土) 13:16:47|
  2. NZ奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ピュンペ

Author:ピュンペ
LoL(JPサーバー)

↓Twitter
https://twitter.com/taiki_yamada

バナー

nakco30akjvoa03ja93hg74jqiqq3sa

ブログランキング

ランキング参加してます。 毎日1クリック!

モンスターハンターフロンティア・攻略ブログ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (48)
MHF (2)
PSO2 (32)
ゲーム (15)
NZ奮闘記 (11)
LoL (8)
映画 (3)

FC2カウンター

地球の名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。